上野 アレンモク訪問!
2020/10/01作成

 

本日は韓国料理専門としてずっとやってきている上野のアレンモクにやってきました。

韓国の本場の味を変わらず提供し続けているとのこと。

また店内合計100席以上と、焼肉店としては席数が多いことも特徴です。

今回は土曜の19時に予約して訪問。

 

 

一階はキッチンで客席は2階から。

「いらっしゃいませー!」に「予約したものです」と伝えると、「上にどーぞ!」とのこと。

わりと急な階段を上がった先にはゆったりめの客席が広がっていました。しかし私の席はもう1階上、3階。

また「上にどーぞ!」。

ついさっき聞いたな、と思いつつどんな席が待っているのか少しわくわくしながら脚の筋トレが如く3階へ。

各階にスタッフがおり3階へ着くと予約した時間が早かったのか3階席はまだ余裕がありテーブル座席か座敷かを選べました。

店内を見渡し掘りごたつ式の座敷を選ぶ。

店員は韓国料理屋さんには珍しい中東系の人。

おしぼりをもらいメニューを開きます。

 

 

焼肉店といえど韓国料理店なので、メニューはかなり多彩。

チヂミやトッポギなどの一品料理から、サムギョプサル(サンギョプサル)や普通の焼肉メニュー、そしてサイドメニューとしてチーズタッカルビやビビンパ、そしてチゲや鍋まで。

本日はこの店に来る前からこれだけは食べようと決めていた、サンギョプサル、壺サンギョプサル、ボッサム、カクテキ、ケイランチム、飲み物はマッコリを注文。

やっぱり韓国料理といえばマッコリは必須!

始めに飲み物とサンギョプサルのセッティングがされ油はね防止の紙エプロンをして待ちます。

暑い残暑と3階まで階段を上がったのがマッコリの旨さを引き立てる。

 

そうこうしていると店内の席は満席に。カップルや多くても4人くらいがひと席にいるのはコロナの影響もあるのでしょうか。

10分くらい経つとカクテキ、ボッサムが、そして店員さんがサンギョプサルを焼き始めました。

 

 

ボッサムは今回初めて知りました。

やや塩辛い白菜と辛味と味噌を茹でた皮付き三段バラと一緒に頬張る。美味い。

 

と、隣の席では私と同じサンギョプサルが先に焼き上がって頬張ってました。

すみません、どんな味してるのか気になって見てしまいました。

肉をサンチュで包んで頬張りもぐもぐ、そのまま目をつむって「うめぇ」恍惚してます。

「美味しいねー」と盛り上がる隣の席。

これは自分のサンギョプサルの焼き上がりが楽しみになります。

 

 

サンギョプサルが焼き上がる前にケランチムがきて卓が賑やかになって来ました。

 

 

ケランチムとは卵蒸し料理のことのようです。

さぁ、いよいよ三段バラが焼き上がり味噌、ネギの辛いのをサンチュで包み頬張ります。

うまし。恍惚とまでいうと大げさですが、うまし、です。

次に焼き上げられるのは壺ワインに漬けられた豚肉。

焼き上がりの味はほのかに赤ワインの香りが感じられこちらも美味しくいただきました。

ひと通り完食。しかしまだお腹に余裕があったのでハラミ、上ハラミ、生マッコリを追加注文。

 

サンギョプサルの鉄板から焼肉用の鉄板に交換され肉が出てきます。

 

 

焼肉はセルフで自分好みの焼き加減でこちらも美味しくいただきました。

 

お会計は1階で、カードが使えます。

いろいろ注文しすぎて一人6,000円近くに。

食べすぎた。

ここはひたすらお肉、というよりも、マッコリと韓国料理を堪能したい、というときに利用したいお店です。

ごちそうさまでした!

PAGE TOP