餃子 RENBOW 赤羽一番街店訪問!
2020/09/15作成

 

本日は池袋にある餃子バルのお店、餃子 RENBOW 赤羽一番街店にやってきました。

場所は店名通り赤羽一番街商店街に位置する、活気のある場所です。

やっぱりコロナの影響で通常より人は少ないのかなぁ、とも思うのですが、それでも活気のある場所ですね。

本日は平日の18時半前、少し早めの訪問ですので、予約無しで行ってみました。

入ると、カウンターでもテーブルでもどちらでも大丈夫ですよ、とのこと。

せっかくなのでテーブル席に。

席自体は2階にもあるようですが、この日は1階です。

 

 

ちなみにこの日はカウンターもよく利用されており、一人客も多かったです。

サクッと飲んでつまんで帰る、という飲み方もこの辺りではスタンダードなのでしょうか。

 

さてまずは飲み物を。

お酒メニューは全体的に充実していますが、焼酎メニューなども豊富でした。

 

 

ただこの日はお店の名前もついたRENボールを注文。

・・・ハイボールのようです。

 

さて食べ物メニューを見ていきます。

 

 

おつまみ系から餃子、単品メニューまで種類・幅がかなり豊富です。

飲みたい欲も満たせ、餃子食べたい欲も満たせ、まさに餃子バルなメニュー構成です。

 

せっかくなのでオススメをメインにして各種餃子を注文。

 

さてすぐにRENボールとお通しが届きました。

 

 

お通しは鳥の煮込みのようなもので、これがなかなか美味しい!

メニューに欲しいぐらいでした。(もしかしてある??)

 

さてここは餃子のお店。

餃子としては焼き・炊き・水・揚げ、と全て用意しています。

 

まず提供されたのは揚げ餃子から、ネギ塩揚げ餃子です。

 

 

揚げでパリパリの衣にネギ塩ダレがかかって美味!

一品目からパンチありまくりです。

 

続いて提供されたのは焼き餃子。

定番餃子から富士桜豚の肉汁餃子、そしてプレミアム焼き餃子からラム餃子の2種類です。

 

 

手前の5個あるのが富士桜豚の肉汁餃子、奥の3個がラム餃子です。

・・・見た目では違いがありませんね。

ラム餃子は肉感がかなりすごい!

肉食べたい、な時には肉欲を満たしまくります。うまし!

そして肉汁餃子は名前通り肉汁たっぷり!

熱々です。

アツアツウマウマな一品です。

 

次は水餃子からゴルゴンゾーラ水餃子。

 

 

餃子にチーズ!?と思ってしまいますが、これが不思議とマッチするんです。

新しい扉を開いた感じ。うまし、そして熱し、です。

 

次は炊き餃子から鶏白湯炊き餃子です。

 

 

そもそも炊き餃子を初めて食べました。

一般的なのでしょうか??

イメージ的には鍋の中に入っている餃子、という感じでしょうか。

つまり美味しくないわけがない。

 

これで一通り餃子をいただきました。

流石に全種類の餃子を食べるのは難しい。

ただせっかくなので、ここでおつまみや単品を少し追加することに。

 

おつまみからは黒糖空豆と肉みそもやしを注文。

 

 

黒糖空豆は初めて食べましたが、これは無限おつまみですね。

いくらでも食べ続けることができる系のおつまみです。

デザートとしてもいけるやつです。

 

肉みそもやしもシンプルですが美味しいです。

 

そして最後にどうしても気になっていたメニュー、秘伝の手羽唐揚げを注文。

 

 

餃子とは関係ないですが、やっぱりお酒のあてとしては最強でした。

手を汚しながら、ウマウマ言いながら食べる手羽唐揚げはやっぱり最高です。

シメの食べ物ではないはずですが、気持ちはがっちり締まりました。

 

これだけ食べて飲んで一人3,000円。

 

サク飲みでも行けますし、根を張って飲みつくすのでOK。

赤羽堪能にはちょうど良い、そんなお店でした。

ごちそうさまでした!

PAGE TOP