ドタキャンについて

ドタキャンについての考え

イベントの参加ボタンをクリックし、募集期限を過ぎた後のキャンセルは基本的にNGとしております。

直前でのキャンセルやすっぽかし(=ドタキャン)は、他の参加者に多大な迷惑をかけることとなりますので、その際には重い枷を背負っていただくこととなります。

ただドタキャンといっても2種類を想定しています。「A:イベント開催までに他の参加者(もしくは運営)に連絡の上、他の参加者から了承を得られる」、「B:イベント開催までに他の参加者から了承を得られない、もしくは連絡無しにすっぽかす」。

Aの場合は過失は問わないこととします。但し他の参加者から了承を得られるための手間は惜しまないようにご注意ください。
また直前にキャンセルを伝えられてもどうしようもない場合もありますので、キャンセル連絡することが必要なのではなく、他の参加者から了承を得られることが条件となりますので、その点ご注意ください。

問題はBの場合となります。Bの場合、運営の対応としては以下の3パターンが存在します。

①イベントに一度も参加したことがない」、「②イベントに参加したことはあるが本人認証無し」、「③本人認証済みでイベント参加歴あり

ソロカンを利用する上でのルールとして、①の場合は「強制退会処理及びブラックリスト入り」、②は以降イベントに参加するためには本人認証必須及びプロフィールにドタキャン歴表示、③は一定期間プロフィールにドタキャン歴を表示、となりますので、その点はご了承ください。

ドタキャン歴表示はイベントに参加しにくくなってしまいますので、その点はご了承ください。

ちなみにドタキャンした人が出たことで費用的に損害が出た場合、その費用の内訳が分かるレシート等を必ず保管しておき、別途運営にご連絡ください。

その後運営より費用補填等について直接ご連絡させていただきます。

少しルールが厳しく感じられるかもしれませんが、これはイベントに参加する皆さんがより安心して参加できるようにするためのルールとなりますので、何卒ご了承頂けますようよろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP