とあるストーリー

Story

カズヤの場合

コロナ禍でなかなか外出しにくくなった東京で、37歳独身(IT企業のエンジニア)のカズヤは鬱々とした休日を過ごしていた。

似たような休日ばかりであまり代わり映えがなく、休みなのにあまり休んだ気持ちになれず、沈んだまま月曜日を迎えることが多くなっていた。

そんなカズヤだが、SNSには食事の写真をよくあげていた。

ただ今は外食も憚られ、よくUber eatsを頼んでおり、お弁当の写真アップばかりになってしまっていた。

それを40後半の既婚上司(部長)に見られ、「そろそろ婚活でも頑張ってみたら?休日に宅配弁当ばっかりじゃ人生つまんないでしょ。」

(......勝手に人のSNS見ておいていちゃもんつけるなよ!宅配弁当の何が悪いんだ。それにもう婚活疲れたから嫌なんだよ!っていうかなぜ宅配弁当食べてるだけで人生否定されなきゃなんないんだよ!)

とは声に出すことはできず、「いやぁ〜……、そうっすねぇ……」としか言えなかった。
その日は一日中ずっとモヤモヤが晴れることは無かった。

(なんだよ、別に人生つまんなくないよ!楽しそうな休日を送れば文句ないだろ!?)

そう思うが、気づけば最近楽しそうな休日など送っていないことに気がつく。

休みは一人で過ごすことがほとんど。たま〜に友人とご飯を食べに行くぐらい。

そうだ、友人がいた!!

早速既婚友人ケンタを飯に誘ってみる。嫁さんはいるが、子供はいないから融通が利きやすいだろう。

「もしもし、今週末飯でも行かない?」

「今週末?すまない、今週は嫁の誕生日でちょっといいレストランで食事するから、ちょっと難しいなぁ。今の時期、二人だと予約取りやすいから予約済みなんだ。」

「……そっか……、了解……。また誘うよ。」

仕方がない、既婚者はそういうことも良くある。だから年々誘いにくくなってくるんだよなぁ……。

とはいえ、どうしよう。早速当てが外れてしまった。

そうだ、最近オンラインサロンも賑わっているみたいだし、新しいコミュニティにでも入ってみるか。

早速探してみると、料理人が主催しているオンラインサロン を発見。毎回15〜20人ぐらいが参加するイベントをやっているみたい。人数的にもちょうどいいなぁ。一度行ってみよう!

こういうところに臆さずすぐ飛び込めるのは自分の良いところだと思う。全く。これでもっとコミュニケーション能力が備わっていたらもっとリア充だったんだろうが……。

そんなことを考えながら、いざ当日を迎える。今回はちょっと多めで、自分を含めて20名ちょっといる。

ただ様子がおかしい……。これだけの人数がいると、自分以外にも初参加者がいてもおかしくないが、各所でめちゃくちゃ盛り上がっている。というか、盛り上がりすぎて、全然入り込む隙がない......。

結局当たり障りのない会話はしたけど、皆内輪の話題で盛り上がりまくって、全然輪に入ることができなかった。

普段はそこまでコミュ障じゃないけど、こういうワイワイガヤガヤ空間に放り出される(注:誰も放り出していない)と、途端にコミュ障な自分が顔を出してしまう。

年を取れば変わると思っていたけど、本質的なところはあまり変わらないらしい。

やはり、すでに出来上がったコミュニティに後から参加するのはハードルが高い。別の方法を考えよう。

別に休日を充実させるためだけだったら、一人でもできるじゃないか。

普段行かないちょっとおしゃれで美味しいレストランに優雅にディナーでも取れば、それだけで良いんじゃないか!?

早速一度行ってみたかった人気店を予約してみよう!

食べログを調べてお店に電話、すると、「予約は2名様からとなっております」だと......。

まぁ、仕方ない。

だったら焼肉店でお肉を食いまくってやろう!

でも夜帯に一人で焼肉ってちょっと行きにくいんだよなぁ......。

ランチ帯なら全然気にならないのに。

やっぱりもうちょっとハードルの低いところにしておこう。

洋食屋なんてどうだろう。

ちょっと家から遠いけど、カウンターがあるお店なら一人でも気にならないし!

ただ一人で食べるにはちょっとお高いんだよなぁ……。というか一人の夕食に電車乗ってまで食べに行くってちょっと面倒だなぁ……。

もうちょっと近場でいいかなぁ。

などとウダウダ考えていると、結局は出かけるのが面倒になり、近場のファミレスで済ませることになってしまった。

念のためファミレスの料理の写真を撮ってSNSにアップしてみたが、自分の中に残ったのは虚しさだけだった。

普通に一人でファミレスで食事をしているだけだったら別に虚しくもなんともないのに、充実した休日を過ごそうとして、結果一人でファミレスだと虚しいという感情が湧く、ということに気付いた夏の夜だった。

そんな休日を過ごしていると、やはり月曜日はあまり調子が良くない。

仕事でも集中力を欠き、ミスをしてしまった。

すると、すかさず既婚上司からの叱責。

「今日まだ月曜日だよ!何のための休日なんだよ!リフレッシュして仕事に集中するためだろ!?仕事に影響を及ぼすような休日の使い方するなよ!」

「はい......、すみません......。」

言いたいことは色々あるが、ミスをしてしまったのはこちらだ......。

流石にここで反論はできない。

(とはいえ、どうしろって言うんだよ!?今更婚活!?)

そんな晴れない気持ちで困ったまま家路に向かう途中、一度誘いを断った既婚友人ケンタから連絡がきた。

「この間言うの忘れてたけど、ソロカンって知ってる?」

「ソロカン?何それ?」

「飯友マッチングみたいなんだけど、後輩が利用してて、しょっちゅう誰かとご飯食べに行ってるみたい。なんか急に休みを楽しみにしだしたから問い詰めたら、ソロカンを使ってることを白状したんだ。」

「マッチングアプリかぁ。」

「婚活とか出会い系のマッチングアプリとは違うみたい。まぁ、もちろん無理にとは言わないけど、なんか鬱々としてるみたいだったからさ、ソロカンに限らず色々試してみたら。無理しない範囲で。」

「おぉ、サンキュー。」

もう今更新たな出会いとかはあまり求めていない。むしろ、これから新たに関係を構築していくには時間も手間も精神力も削られるので、せっかくの休みにあまり疲れることはしたくない。

第一マッチングアプリはアピールポイント考えたりとか、良さげな写真を探したり、利用するだけで結構手間がかかる。その上、マッチしてからのやりとりが長くなりがちで、どっちかといえば苦手な部類だ。

とはいえ、せっかくわざわざ友人が教えてくれたので、全くスルーっていうのも申し訳ないなぁ、と思い、とりあえずちょっとリサーチしてみることに。

何々、ソロカンはNo chat。チャットをしない?そして仮面ユーザー??どういうこと?恋愛NG。ふむふむ。店マッチング。確かに行きたいお店が一緒なのはいい。そして飯友か。単なる飯友って考えたらあんまり気を使う必要もなさそうだし良さそうだなぁ。

ちょっと文章に癖のあるサイトだけど、なんか今の自分には合ってそうな気もする。せっかくだしちょっと使ってみようか。

じゃあ、まずは会員登録。メールアドレス、パスワード、生年月日入力っと。おぉ、SMS認証かぁ。ちょっと手が止まるなぁ。

そもそも運営会社どこ?だぶるミッツ?聞いたことないよ。でもずっとこのソロカンを形を変えながら運営しているんだ。

HPを見てみると、ビジョンとかも載っている。一応代表の顔写真も載ってるんだ。......なんかモッサイ感じだなぁ。まぁ、悪いことはできなさそうな感じではあるけど。

少なくとも、怪しいところではなさそうだなぁ。まずは使ってみるか。

ということでSMS認証も通過。

早速ログインしてみると、まずやることは初回ユーザー情報設定か。

ニックネーム・アイコン・性別・居住都道府県・喫煙有無の設定だけか。

って、ニックネームもアイコンも自由登録できない!?選ぶだけかぁ。これが仮面ユーザーの意味かぁ。

その他設定できる項目としては、「証明書類提出」・「行ってみたい店選択」・「好きなものアンケート」とかかぁ。

情報が少ないだけあって、SMS認証とか証明書類提出とか身分証明は色々用意しているみたい。

証明書類提出は今やらなくてもいいみたいだ。なんとなく今は気分じゃないので、この辺りはまた今度設定しよう。

ということで、まずは行ってみたいお店でも探してみるか。

とりあえず近場のお店情報っと。

おぉ、基本的な情報と、食べログやHPのリンク、グルメレポサイトとかのリンクもある。
動画もあるなぁ。

お店のポータルサイト的な感じになってるんだ。

見てみると、ここは場所も家からほど近いし、何より先日食べそびれた焼肉だ!しかもちょっと有名で何気に行ってみたかったところだった!

さっそく「行ってみたい」押しておこう。

次は好きなものアンケートか。

「動画(YOUTUBE、Netflix、等)は好き?」かぁ。まぁ、好きだしなぁ。

おっ、好きレベルも登録するのか。

次は「YOUTUBEは好き?」か。だんだん細かくなっていくのか。

とりあえず答えていってみよう。

色々回答してみたけど、ぽちぽちするだけだから意外と苦にならないなぁ。対して時間もかからないし。

おっ、そうこうしているうちに誘えるユーザーが出てきた!

なになに、ドーラピーラさん。おぉ、俺と同じでパルクール動画見るの好きなんだ。

なかなかセンスよろしいなぁ。

まずはさっそくさっきの焼肉店に誘ってみよっと。

あぁ、これもワンポチでいいんだ。

・・・これだけ?

あとは待てばいいのか。

じゃあまた明日サイト覗いてみるか。

次の日、同じ時間にサイトを開くと、昨日誘ったドーラピーラさんからOKの回答が!

おぉ、なんか嬉しい!

次は日程調整か。

希望日時を二つほど送ってみたところ、即座に今週末の日程でマッチングが成立!相手もちょうどサイトを見ていたみたいだ!

本当に一切メッセージのやり取りをすることなく、一緒にご飯を食べる約束が決まってしまった。

びっくりするぐらい手間がいらなかった……。

むしろちょっと心配になる。当日本当に来てくれるのだろうか……。

そんな不安を抱えながら当日を迎えた。基本的にソロカンではお店の前で待ち合わせとのことで、お店前にて待機。少し早く来すぎた。15分前だ。けどまぁいいか。ソロカンで到着ボタンをクリック。

だがお店の前で10分ほど待ち、約束の時間5分前になっても相手の方が来ない……。

えっ、嘘でしょ......。

まさかのドタキャン……?

何だよ、来ないなら俺ももう帰ろっかなぁ……。

と、不安のピークになっている開始予定時間の3分前、ついに相手の方が到着。

単に私が早く来すぎただけだった......。

相手の方も到着ボタンを押してくれたので、すぐ相手のことがわかり、難なく出会うことができた。

そこで早速お互いに「初めまして〜」。

食事会当日の直前には相手の性別が解禁になるので、相手が女性なのはあらかじめ把握。ただ焼肉だからてっきり男性だと思っていたからちょっとびっくりしたのが昨日の晩。

ちなみに今回は予約をしていないからちょっと心配していたけど、時期が時期だから問題なく入店できた。

お互いNGなメニューや食べたいメニューを確認しながら早速注文し、まずは「かんぱ〜い!」。

まずは差し障りなく今の仕事の話などをしていると、頼んだメニューが提供されて来たので、早速お肉を焼いていく。

焼けたそばからお互いに食べていくと、「美味しい!」。

やっぱりスーパーで買った安いお肉を家で焼くのとはワケが違う!......比べるのも失礼だ。

そんな美味しいお肉を食べ進めながら、パルクール動画やお互いの趣味の話をしていると、まさかまさかのお互い海外サッカー好きということが発覚!

メッシ派、クリロナ派と分かれはしたものの、お互い好きな選手などの話で大盛り上がり!

ソロカンを軽く触っただけで、マッチングした相手と行ってみたかった焼肉店で趣味の話をしながら美味しい食事を食べる、という当たり前のようで独り身にはなかなか実現が難しかった「充実した休日」を過ごすことができていた。

食べている最中も相手の方と焼肉を食べているところを写真に納めてSNSにアップ。

(最近忘れてたなぁ、好きな話をして、美味しい食事をすることの楽しさ。こういう休日ならいいなぁ。)

その日はお腹いっぱい食べたところで現地解散。さらっと終わるところもいい感じ。

月曜日、いつもと変わらない月曜日だけど、なんとなく今日は目覚めがよかった気がする。

会社に着くと、既婚上司が駆け寄って来た。

「SNS見たけど、何?彼女でもできた?なんかめちゃくちゃ楽しそうな写真アップしてたなぁ。」

「いやいやいやいや、単に独り身ならではの休日を過ごしただけですよ。」

「ヘェ〜……。なんか自由な感じでいいなぁ......。」

(どやさ!)

と言ったとか言わなかったとか......。

PAGE TOP